本文へスキップ

Teikyo Yamanashi School of Nursing

電話での資料請求・お問い合わせはTEL.055-251-4441

〒400-0024 山梨県甲府市北口2-15-4

お知らせInformation & Topics


過去の記事

平成30年度 同窓会総会・記念講演を開催しました       (H30.12.1)

 コラニー文化ホール(大ホール)を貸切、同窓会総会・記念講演を開催しました。現役看護師として働いている卒業生、子供連れで駆けつけてくれた卒業生など、それぞれが立派に頑張っている近況報告や姿を見ることができ、とても嬉しく感じました。
 記念講演の講師としてマキタスポーツさんをお迎えし、講演序盤ではお笑いと音楽を合わせた芸人としての一面を披露して頂き、マキタスポーツさんらしい笑いのある楽しい時間となりました。また、後半では「夢の実現に向けて」としてどのようなご経験を経て現在のマルチな活動へと活かされたのかをお話頂き、これからの山梨を担う若い世代へのメッセージやエールも頂戴致しました。
 本校は、県内の看護師不足を補う目的で創立されております。卒業生の大半は、県内の医療・福祉施設へ就職しており、若い世代はより敏感に山梨の良さや、不便さに気づくこともあるでしょう。これからは、卒業生や現役生同士でネットワークを広げ、山梨の地域貢献や地域発進を活発にし、マキタスポーツさんが構想する「山梨フェス」にもご協力できることを願っております。


朝日通り商店街の「えびす講祭り」に参加しました       (H30.11.23)

 甲府駅北口から徒歩5分の場所にある朝日通り商店街。朝日通りえびす講祭りは、甲府駅北口周辺が賑わうイベントの一つであり、ご家族でこられる姿を多くみかけます。今年も、地域活性化のお手伝いと地域の方々との交流を目的に本校のボランティア委員会を中心に、えびす講祭りに参加させて頂きました。
 本校のブースでは、在校生が授業や実習の中で考え、実際に使用した手作りゲームを使った企画を毎年行っています。看護師は、日々の生活や状況、環境から患者さんの気持ちを察し、自ら行動する力が必要とされています。しかし、実際に実習でその場に立つと、話しかけることや察することが難しい場面もあります。そのような時は、患者さんの状態に合わせ、リハビリを兼ねた無理なくできる手作りゲームを考え、患者さんと楽しみながらコミュニケーションをとりお互いの緊張をほぐします。また、患者さんの好みや特徴などを理解することで、患者さんに寄り添ったより良い看護を行うことができます。えびす講祭りでもゲームを用いて、自然な流れでコミュニケーションをとることができ、学生は地域の方々との大切なふれあいの機会となりました。

秋桜祭を開催しました                    (H30.11.17)

 学生による本校の学園祭「秋桜祭」は、地域の方々にもご参加して頂き、無事に開催することができました。
 3年生は、臨地実習や看護研究発表会を終え、統合実習と国家試験を残すのみとなりました。受験日も刻一刻と迫ってきており、束の間ではありますが久しぶりに互いの明るい表情を見ることができ、張り詰めた緊張の糸を緩めることが出来たのではないでしょうか。
 秋桜祭では毎年、学生・教職員の持ち寄った物で、バザーを行っています。その売上金は全額寄付することになっています。昨今の自然災害により、各地で被災された方々の中には、日々の生活が困難な状況が続いている方もいる現状があります。本校はその現状を重く受け止め、微力ながら寄付という形で協力をさせていただき、一人でも多くの方の笑顔が見れることを願っております。

看護研究発表会を開催しました                (H30.11.7-8)

  第31期生による看護研究発表会を無事に開催することができました。
 今年の研究発表会も昨年同様、県立文学館のホールと研修室で行いました。本校が立派な会場を利用するのには理由があります。卒業後に、看護師として県内外の大きなホールの学会で看護研究発表を行うことを見据えて、その時の臨場感に近いものを在校中に感じ、自信をもってもらいたいという気持ちから利用しています。
 3年生は実習時間が多く、研究発表の準備もとても大変です。そんな中、実習で実践した患者さんへの看護を振り返り、どのような効果や課題があったのか先行研究や文献、理論を用いながら自身の考えを堂々と発表していました。
 全学年が看護研究発表会に参加しますが、近年では発表後の質疑応答の際に1・2年生から多くの質問がされるようになりました。3年生が発表する研究内容は、下級生には難しいように思われますが、1・2年次に勉強している基礎的内容から疑問に思ったことを次々に質問しており、対象の方への関わり方や考え方、具体的な看護実践を追求するような上級生が驚かされる質問をする下級生もいます。3年生が様々な質問に対し、冷静に受け答えしている姿は、「さすが最上級生!」と感じるほど、逞しくなっていて印象的でした。

 

秋桜祭開催のお知らせ                     (H30.10.16)

第33回 秋桜祭
テーマ 笑顔満祭

日 付:平成30年11月17日(土)
時 間:一般公開
    10:00~14:00
    ※バザーは11:00~です。
場 所:帝京山梨看護専門学校

-event information-
1階 模擬店
4階 フリー教室・バザー
5階 展示・体験コーナー

 今年度の秋桜祭のテーマは「笑顔満祭」です。学生一人ひとりが持つ個性を大切にし、全員が主役となってたくさんの笑顔が咲き誇ることを願いこのテーマにしました。
 昨年と同様、模擬店やフリー教室、展示コーナー、バザーなど学生や来賓の皆様に参加していただけるような学園祭を企画しましたので、是非お越しください。

秋桜祭委員長 大畠 綾香

【お問い合わせ】
帝京山梨看護専門学校秋桜祭実行委員会
TEL:055-251-4441 

校外研修                         (H30.4.25-26)

先日の新入生歓迎会は、3学年全体行事でしたが、今回は新入生だけの行事です。本校に入学して約3週間が経過しました。入学してすぐの頃より少し余裕が出てきて、身近にいる友人とコミュニケーションが図れるようになる時期です。学年全体での親睦や団結力を高めるため、毎年清里の清泉寮で12日の研修を行っています。
 清里の自然の中でネイチャーゲームをしたり、清泉寮のホールでは森で探した材料を使用し、出された課題についてグループで制作した作品をプレゼンテーションしました。
 これから3年間の看護師への道は、決して平坦な道のりではありません。実習や勉強、私生活など様々な悩みを抱えつつ、自分の道を進むためには、相談し苦楽を共感しあえる仲間が必要です。この研修を通し、同じ目標を持つ新たな仲間作りのきっかけとなったのではないかと思います。

  

新入生歓迎会                        (H30.4.13)

 本校では、学生の企画により新入生・在校生・教職員との親睦を図るため、毎年新入生歓迎会を開催しています。開催場所の確保から、催し内容の決定、しおりの作成まで全て学生が運営しています。
 毎年恒例となりつつある女王様ドッヂボールは、各グループの2名の女王様=教職員にボールが当たらないよう、学生が団結して女王様を守るというルールです。守る学生、逃げたり隠れたりする教職員、狭いコートの中どちらも大変ですが、とても盛り上がりました。
 全学生は、とても楽しんでゲームに参加しており、中でも3年生は5月から始まる県内医療施設での臨地実習を目前に控え、リフレッシュすることが出来たのではないでしょうか。新入生は、入学してから続いていた緊張感も、この時間を通して解きほぐされたようで戸惑いながらも喜々として参加していました。


平成30年度 始業式                     (H30.4.5)

 全学生および教職員が揃い、県立図書館にて始業式が行われました。新年度にあたり校長先生からの激励の言葉や、担任・領域担当等の発表、新入生の誓いの言葉に続き、上級生代表から歓迎のお花が渡されました。
 上級生は、春休み中の課題や自己学習、またはリフレッシュをして各々で有意義な時間を過ごすことが出来たのか、心なしか成長した姿のように感じます。一方、新入生のまだ制服を着慣れない様子や、大勢の先輩や教職員の姿を見て緊張している様子は、私たち教職員にも新たなスタートを実感させてくれます。教職員一同は、教育理念の基、看護師を目指す者に近年重視されている『自分で考え、行動することのできる看護師』を心に、今年度も日々切磋琢磨しながら学生と共に国家試験合格を目指して参ります。




平成30年度 入学式挙行                   (H30.4.4)

 本年度も無事に入学式を挙行することができました。
 武道館という大きな会場を貸切、帝京大学グループ全体の入学式が挙行されました。その中でも印象に残るのは、会場を背に誇らしげに写真を撮ってもらう新入生や、笑顔で写真を撮る保護者の姿に、これからの学校生活への希望と期待を感じました。高校までの授業や生活とは異なり、より将来の職業について強く感じ、学び成長する生活が始まります。本校は看護師を育成する教育機関としては、県内でも屈指の厳しい校風と言っても過言ではないかもしれません。なぜなら、将来看護師として命に携わる職業に就くための過程であるため、在籍している間に社会人としての様々なスキルを身につけてもらいたいと考えているからです。本校で多くのことを学び成長していく姿や、素敵な笑顔を楽しみに新たな生活をスタートします。














平成30年度 入学式のご案内                 (H30.4.2)

 本年度も、帝京大学グループの合同入学式を日本武道館にて行います。本年度からご入学される方には、既に入学式のご案内についての書類をご送付させて頂いてあります。


Teikyo Yamanashi School of Nursing帝京山梨看護専門学校

〒400-0024
山梨県甲府市北口2-15-4
TEL 055-251-4441
FAX 055-251-4316


ご意見・お問い合わせ